毛生えマテリアルたっぷり!チャップアップを採用するバリュー

今まで試してきた育毛剤や栄養補助食品では効能が出なかった方にとって、希望の持てる育毛促進剤がチャップアップです。天然由来原料が混合された無添加の発毛剤で、副作用が少なく育毛に効き目が期待できるのです。数多くの育毛原料がスカルプに浸透することによって、より威力に発毛を促進します。また、チャップアップは厚生労働省によって医薬部外品と認められているので安全性が高いと言えます。健康で強い髪を取り戻すためにも、適正な使用方法を理解して使用することがポイントになります。

チャップアップには44種類の原料がブレンドされている

チャップアップには、発毛マテリアルに必要な成分が44種類も混合されています。特に、センブリエキスは毛乳頭細胞の働きを活動的にさせ髪を作り出す作用があります。血行を促進させて栄養分を頭部の肌に染み込ませると同時に保湿効力もあるため、乾燥やダメージを防ぎ頭部の肌環境を整えます。頭皮は皮脂の余分な分泌によって毛穴が詰まって炎症を引き起こしてしまうことがあり、敏感肌であればシャンプー等によってアレルギーの引き金となることもあります。ハゲの元凶となる可能性があるこれらの症状を抑えてくれるのがグリチルリチン酸ジカリウムで、抗炎症効能や抗アレルギー効能が期待できます。また、殺菌効果もあるので雑菌の増殖やフケを抑え、綺麗にに保つ有効性もあるのです。さらに、塩酸ジフェンヒドラミンも炎症を抑えて痒みを改善する効力があり、血行をサポートする効果もあります。いずれも天然由来原料となるので、副作用が少なく安心して使うことが可能となります。無添加でニオイがないため、肌に優しく臭いによる刺激も気にする必要がありません。

チャップアップは本当に効力が早く出る?

髪は、毛母細胞が分裂して伸びる成長期と成長しない退行期、生えてくるまでの休止期という3つの期間のサイクルによって成り立っています。普段であれば、1日で0.3~0.5mm程度伸び、1ヶ月で1.2cmくらいになります。ナチュラルに抜け落ちるまでに平均して4~6年くらいの期間があり、退行期の2~3週間、休止期の数ヶ月を経て生え替わるのです。チャップアップの使用者は、3ヶ月程度で納得の効果が現れたという意見が多く、公式な実証データでも2~3ヶ月程度発毛効力が実感できるという結果が出ています。また、1日ごとの使用回数によって作用に差が出やすく、1日に1回よりも朝晩2回使用する方が早く作用が期待できるというデータがあります。販売されている全ての発毛剤や発毛栄養補助食品の中でも有効原料の種類が圧倒的に多く混合されているので、頭部の肌に材料が残りやすいからであるとされています。また、サプリメントとのセットであればより作用が得られます。何よりもしっかりと使い続けることが大切であり、負担のない範囲で習慣化することが求められるのです。

チャップアップの正しい使い方とは

チャップアップを利用するときには、髪を濡れていない状態にしておく必要があり、必ずドライヤーでちゃんと乾かすことが求められます。頭部の肌全体に馴染ませることがポイントで、まんべんなく塗布したあとはスカルプマッサージをします。その際は、頭のてっぺんや側頭部を中心に行うことが好ましく、チャップアップの使用量は約4ml、30プッシュくらいが推奨とされる量になります。これが基本的な使い方となるので簡単であり、煩わしいことは何一つありません。1分ほどあれば完了することもできますので続けやすく、効力を得るためには毎日忘れずに行うことが大切になってきます。使用する時間などは特に決まっていませんが、重要なことはスカルプをしっかり洗って汚れをなくしたあとに使用するということです。シャワーや入浴したあとは、毛穴やスカルプが柔らかくなっている場合が多いので、毛生え材料が浸透しやすい環境となるのです。このようにチャップアップは頭部の肌に直接作用することから、ヘアーにつけてもあまり有効性が発揮されないので気をつける必要があります。そのため、ヘアーを掻き分けて吹き出し口をスカルプに近づけたり、ヘアーの薄い部分に直接塗ったりすることが望ましいのです。

医薬部外品に指定されているチャップアップの安全性

チャップアップは政府機関によって医薬部外品と認められている発毛剤です。医薬部外品とは法律で定められている分類で、医薬品と化粧品の間の立ち位置と言えます。医薬品と異なって体に対する効き目が穏やかであるものとされていて、材料名や威力・効能が表示してあり納得して買うことができるのです。医薬品のように医者や薬剤師の処方は不要で、安心して利用することができるのです。チャップアップは、一般小売店やインターネット販売も可能な商品なので、簡単に購入することができ周りの目を気にする心配もありません。だたし、医薬部外品といっても薬であることには違いないので、正しい方法で使う必要があります。また、チャップアップは第三者機関を使って、24時間閉塞パッチテストや低スティンギングテスト、累積刺激性及び感テスト(RIPT)という3つのテストを実施しています。これらのテストは、皮膚への影響を数十人の被験者に試してもらい実際に調べるもので、全てをパスしているので安全性が高いと言えるのです。